X
E
F
F
A

Blogブログ・メディア

【運動と女性ホルモンの関係性】

運動やスポーツを楽しむ女性、理想のカラダづくりを目指してトレーニングをする女性など、アクティブに活動する人も多いです。我々は自分の好きな運動を、性差関係なく楽しんでほしいと望んでいます。

しかしながら、明らかに違いがあるのが、男性と女性のカラダの作りや働きです。今回はその中でも、女性ホルモンからみたポイントをお伝えします。

▪︎女性ホルモンと脳

女性には「月経」というカラダの周期があります。月に1回の月経は、ホルモンが正常に分泌され、様々な期間をコントロールしている証拠であり、女性にとっては重要なサイクルです。

私たちのカラダで、臓器の働きを調整する様々なホルモンのうち、女性ホルモンと呼ばれるものが、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類です。これらは、卵巣から分泌されますが、その際に司令塔となっているのが「脳」。脳の視床下部から出される信号により、女性ホルモンが分泌され、月経が起こります。

ホルモンを分泌する脳の視床下部は、ストレスの影響を受けやすい器官。高いストレスがかかることでカラダの危険を察知し、視床下部の働きを弱め、女性ホルモンの分泌を抑えてしまいます。

▪︎運動と月経

アスリートや強度の高いトレーニングをする女性では、月経不順や無月経などの月経異常を起こす方が増えています。

要因として、ハードなトレーニングにより精神的・身体的なストレスを感じたり、トレーニングに見合わず食事が不足することで身体に大きな負担をかけてしまうことなどが挙げられます。

私たちは、カラダを動かすことでエネルギーを消費し、食事を摂ることでエネルギーを補っています。【消費エネルギー=摂取エネルギー】の時が、エネルギーバランスが摂れている状態です。しかし運動により消費エネルギーが高くなっているにも関わらず、食事が十分に摂れていない場合、【消費エネルギー>摂取エネルギー】となり、エネルギーが不足の状態となります。

エネルギー不足の状態は、体調として感じにくいことも多く、「カラダは普段通り動くから大丈夫」「体重は減らないしエネルギーは十分」と思っていても、私たちのカラダは必死に節約モードに切り替えて、必要最低限のエネルギーで働いているのです。

このようにエネルギーが足りない状態が長く続くことで、女性ホルモンを調整する脳の視床下部がストレスを受け、下垂体からのホルモン分泌がうまくいかなくなり、その結果、月経異常が起きると言われています。

パフォーマンスアップやダイエットのために、体重を意識しながら食事を摂ることは良いですが、極端な食事制限は月経異常のリスクを高める原因。最低限カラダに必要なエネルギーは摂ることが大切です。

———————————————

AFFEX(アフェックス)パーソナルジム表参道店はプロのトレーナーによる的確な指導を通して、無理なくトレーニング習慣を身に着けて頂けるよう冠たる接遇を心掛けております。運動未経験で初心者の方から本格的な身体造りを目指す方まで、ラグジュアリーで洗練された空間で専属トレーナーが丁寧に寄り添い、皆様の健康を多角的な視点でお守り致します。

【Q.どんなプランがありますか?】

AFFEX(アフェックス)パーソナルジムでは様々なトレーニングプランをご用意しております。お客様の目標と目的に合わせて、おひとりずつの完全オーダーメイドのメニューを作成させていただき、AFFEX(アフェックス)独自のメソッドと実績のあるトレーナー陣が理想のお体へと導きます。

【Q.悩みがあるのですが大丈夫ですか?】

弊社はお身体の健康投資を目的としたパーソナルジムとなっております。

ダイエット、ボディメイクを始め、痩身、筋膜リリース、姿勢改善、猫背、腰痛、骨盤矯正などのご相談も受け付けております。

また、慢性膵炎、肝硬変、脂質異常症、糖尿病Ⅱ型、Ⅲ度高血圧、リンパ浮腫、リンパ管手術、腎機能障害、頸椎ヘルニア、聴覚生涯

上記疾患をお持ちの方のサポート実績を持ち合わせております。

その他、ご質問、ご相談などございましたら、お気軽にご連絡お待ち致しております。

Reservation and Access

所在地:東京都港区北青山三丁目5番23号3階

Back

     

Reservation and Access予約・アクセス

住所
東京都港区北青山三丁目5番23号3階