X
E
F
F
A

Blogブログ・メディア

【牛乳は日本人の身体に合わない?】

HPよりお問い合わせ誠にありがとうございます。

本日は、「牛乳や乳製品は日本人の体に合わない」と聞いたことがありますが、本当ですか?

という御質問にお答えしていこうと思います。

結論から述べますと、牛乳を飲んだ際、お腹が張ったりゴロゴロしたりする「乳糖不耐症」と言われる症状があります。
これは牛乳に含まれる「乳糖」が消化の過程で分解できないことによって起こるとされており、
乳糖を分解する消化酵素を持たない人の割合は人種によって異なり、日本人を含むアジア人では95~100%とも言われています。「日本人の体に牛乳は合わない」と言われる理由はここにあるとされています。

しかし、消化酵素を持たないからといって必ずしも乳糖不耐症の症状が現れるわけではありません。

なぜなら、腸内細菌の中に乳糖を分解できる菌がいるからです。

日本人女性40数名を対象に乳糖を分解できる量を調べた実験結果によると
・約10gまでの乳糖は消化酵素によって分解される
・それ以上になると腸内細菌によって分解される
・35gまでは下痢をせずに摂取できる
※体重50kgの場合牛乳コップ1杯(200mL)に含まれる乳糖の量は約9.1gですのでこれくらいであれば十分に分解できる量と言えます。
もちろん、消化酵素の量や腸内細菌の状態には個人差があります。15歳以上の男女10,000人を対象とした調査によると牛乳を飲んだ際に不な症状が出る人の割合は「いつもそうなる」4.5%「いつでもではないがなる」10.2%「たまになる」31.4%

これを多いと捉えるか、少ないと捉えるかは人それぞれかと思いますが、50%以上は不快症状が出ないということですので、日本人=牛乳が体に合わないわけではないと言えるのではないでしょうか?

1日の食事のバランスを示した「食事バランスガイド」では牛乳・乳製品の摂取量として牛乳であればコップ1杯(200mL)を目安としています。

牛乳を飲むと具合が悪くなる方は、無理に飲まず、そういった場合にはヨーグルトやチーズを食べるのが良いとされています。

乳酸菌によって乳糖の20~40%が分解されているため、牛乳に比べると乳糖不耐症が起こりにくい食品だからです。

というわけで、牛乳・乳製品については
恐れすぎず、ご自身の体調と相談しながら美味しく食生活に取り入れるのが賢い付き合い方だと考えます。

是非、参考にしていただけますと幸いです。


AFFEX(アフェックス)パーソナルジム表参道店はプロのトレーナーによる的確な指導を通して、無理なくトレーニング習慣を身に着けて頂けるよう冠たる接遇を心掛けております。運動未経験で初心者の方から本格的な身体造りを目指す方まで、ラグジュアリーで洗練された空間で専属トレーナーが丁寧に寄り添い、皆様の健康を多角的な視点でお守り致します。

【Q.どんなプランがありますか?】
AFFEX(アフェックス)パーソナルジムでは様々なトレーニングプランをご用意しております。お客様の目標と目的に合わせて、おひとりずつの完全オーダーメイドのメニューを作成させていただき、AFFEX(アフェックス)独自のメソッドと実績のあるトレーナー陣が理想のお体へと導きます。

【Q.悩みがあるのですが大丈夫ですか?】
弊社はお身体の健康投資を目的としたパーソナルジムとなっております。
ダイエット、ボディメイクを始め、痩身、筋膜リリース、姿勢改善、猫背、腰痛、骨盤矯正などのご相談も受け付けております。

また、慢性膵炎、肝硬変、脂質異常症、糖尿病Ⅱ型、Ⅲ度高血圧、リンパ浮腫、リンパ管手術、腎機能障害、頸椎ヘルニア、聴覚生涯

上記疾患をお持ちの方のサポート実績を持ち合わせております。

その他、ご質問、ご相談などございましたら、お気軽にご連絡お待ち致しております。

Reservation and Access
所在地:東京都港区北青山三丁目5番23号3階

表参道駅 徒歩1分
東急東横線 横浜駅徒歩8分
パーソナルトレーニングジムAFFEX(アフェックス)
渡邊康平

Back

Reservation and Access予約・アクセス

住所
東京都港区北青山三丁目5番23号NOI Omotesando3階