X
E
F
F
A

Blogブログ・メディア

【翌朝の胃もたれを防ぐ食べ方】

今記事のテーマは『朝の胃もたれを防ぐには?』

朝起きて

・胃がむかむかする
・お腹が重い、だるい
・食欲がわかない

そんな朝の胃もたれを防ぐための食べ方について解説していきます。

胃に残りやすい食べ物

朝の胃もたれは、前日の夜の食事が胃に残っているために起こるとされています。

食べたものは、食道を通り胃に一時的に蓄えられ、消化されます。多くの食べ物(ご飯やパン、麺、野菜、魚など)は2~3時間で小腸に運ばれますが、肉類や天ぷらでは4~5時間、例えですが、バターを大さじ5杯食べると、その後12時間胃に残るともいわれています。

油の多い食べ物は胃に留まりやすく消化に時間がかかることを頭に入れておくとよいでしょう。

また、量が多いと消化に時間がかかるため、食べ過ぎにも注意が必要です。胃腸の動きやすい時間帯さらに、胃腸などの消化器官の働きは時間帯によっても異なります。もっとも活発になるピークの時間帯は、『消化器官の働き:夕方頃胃液の分泌:20時頃』と言われています。

21時以降の食事は消化がなかなか進まず翌朝の胃もたれにつながる可能性があります。

【翌朝の胃もたれを防ぐ夕食のとり方】

極力21時までに食べ終える

できるだけ、胃腸が活発に動き胃液が出ている時間帯に食事を終えるようにしましょう。

「そうはいっても、仕事の都合で難しい」
という方もいらっしゃるかもしれません。

その場合の対策は『夕方に補食をとり夜ご飯はその分減らす』

夜遅くの食事を少なくし、消化の負担を減らしましょう。油の少ない料理を選ぶ油を控えると、
食べ物が胃の中に留まる時間が短くなります。食事が夜遅くなる場合は以下の点に気をつけましょう。

①肉より魚を選ぶ
②揚げ物や炒め物を控え、煮る、焼く、蒸す料理を選ぶ

よく噛んで食べる

よく噛むことは

・食べ物がすりつぶされ胃に入る前に消化の準備ができ、胃の負担が減る
・噛むことが刺激となり、胃液の分泌が高まる

という働きがあります。消化を良くするためによく噛んで食べることも大切です。さらに、よく噛むことは満腹中枢が刺激され、ダイエットにもつながるとされています。

朝からスッキリ活動するには前日の夕食が大切です。ぜひ、できることから参考にしていただければ幸いです。

——————————————————————–

AFFEX(アフェックス)パーソナルジム表参道店はプロのトレーナーによる的確な指導を通して、無理なくトレーニング習慣を身に着けて頂けるよう冠たる接遇を心掛けております。運動未経験で初心者の方から本格的な身体造りを目指す方まで、ラグジュアリーで洗練された空間で専属トレーナーが丁寧に寄り添い、皆様の健康を多角的な視点でお守り致します。

【Q.どんなプランがありますか?】

AFFEX(アフェックス)パーソナルジムでは様々なトレーニングプランをご用意しております。お客様の目標と目的に合わせて、おひとりずつの完全オーダーメイドのメニューを作成させていただき、AFFEX(アフェックス)独自のメソッドと実績のあるトレーナー陣が理想のお体へと導きます。

【Q.悩みがあるのですが大丈夫ですか?】

弊社はお身体の健康投資を目的としたパーソナルジムとなっております。

ダイエット、ボディメイクを始め、痩身、筋膜リリース、姿勢改善、猫背、腰痛、骨盤矯正などのご相談も受け付けております。

また、慢性膵炎、肝硬変、脂質異常症、糖尿病Ⅱ型、Ⅲ度高血圧、リンパ浮腫、リンパ管手術、腎機能障害、頸椎ヘルニア、聴覚生涯

上記疾患をお持ちの方のサポート実績を持ち合わせております。

その他、ご質問、ご相談などございましたら、お気軽にご連絡お待ち致しております。

Reservation and Access

所在地:東京都港区北青山三丁目5番23号3階

Back

Reservation and Access予約・アクセス

住所
東京都港区北青山三丁目5番23号NOI Omotesando3階