X
E
F
F
A

Blogブログ・メディア

今こそ日光を1日5分〜浴びて、内と外からより健康になるお身体へ

昨今、「新型コロナウイルスCOVID-19の重症患者は血中のビタミンDが不足気味。重症化を避けるためにはビタミンDのサプリメントが有効である」という話が世間を騒がせました。

ビタミンDは、骨と骨格筋の強度やパフォーマンスに関係する重要な栄養素であり、身体の免疫にも大きく関わるとの研究結果もあります。

主な役割は、骨の形成に欠かせないカルシウムやリンの吸収を促進すること。

ビタミンDが欠乏すると、それらの吸収が抑制され、骨折のリスクが高まるとされています。

ビタミンDの供給源は2つあります。

まず一つはキノコ類や魚などの食品。もう一つは日光です。

ヒトの皮膚にはコレステロールを作る過程でできる「ビタミンDの素」が存在しています。日光を浴びると、ビタミンDの素は紫外線によって、活性型のビタミンDに変換されます。

ビタミンDの食品からの摂取基準は各国さまざまで、欧米では15~20μg/日ですが、我が国の食事摂取基準(2020年版)では3~8.5μg/日となっています。なぜかというと、日本ではある程度の日照暴露(=日光を浴びること)によるビタミンDの供給が想定されているからとされています。

また、顔面及び両手の甲の面積程度の皮膚に日光を浴びた際に、5.5μgのビタミンDの産生に必要な時間は、時間、季節、場所によってさまざまなことが分かっています。

残念ながら、コロナ禍の終息はいまだに見えません。通常の活動が制限され、食事もやや乱れがちの日々は、まだ続くことと懸念されます。

効率よくサプリメントを摂取する、適度に日光を浴びるなどして、ビタミンDを少なくとも欧米の基準並みの量(20μg/日)摂取することをお勧めします。

———————————————————————

AFFEXパーソナルジム表参道店はプロのトレーナーによる的確な指導を通して、無理なくトレーニング習慣を身に着けて頂けるよう冠たる接遇を心掛けております。運動未経験で初心者の方から本格的な身体造りを目指す方まで、ラグジュアリーで洗練された空間で専属トレーナーが丁寧に寄り添い、皆様の健康を多角的な視点でお守り致します。

その他、ご質問、ご相談などございましたら、お気軽にご連絡お待ち致しております。

Reservation and Access

所在地:東京都港区北青山三丁目5番23号3階

Back

     

Reservation and Access予約・アクセス

住所
東京都港区北青山三丁目5番23号3階